外壁・屋根塗装

外壁、屋根の塗装塗り替え目安とは。

10年に一度の塗替えが目安です。

以下のような現象が現れたら塗り替えのサインです。

・色あせ
・チョーキング
(白い粉が浮く)
(触ると手に付着)
・クラック

・苔や藻類の発生
・カビの発生
・塗膜の剥がれ

このような現象は建物の劣化の進行を早める原因になります。 塗装は美観を保つというのは当たり前ですが、紫外線や雨、風などから建物を守る重要な役割を果たしています。 このような劣化で防水機能が低下し建物内に雨水が浸水してしまい大きな悪影響を及ぼす恐れがあります。 劣化が進む前に修繕をしておけば建物を長持ちさせて、メンテナンスコストを抑えることにもつながります。

早期発見・早期修繕が一番大切です!

屋根・外壁塗装ビフォーアフター

山梨県北杜市 F様

山梨県南アルプス市 S様

山梨県韮崎市  N様

山梨県甲府市 S様

山梨県 甲府市 M様

山梨県甲斐市  S様

山梨県甲府市  M様

山梨県甲斐市  S様

山梨県北杜市  S様

山梨県甲府市  K様

山梨県南アルプス市  S様

山梨県甲斐市  O様

山梨県大月市  O様

山梨県中央市  M様

山梨県南アルプス市  K様

山梨県南アルプス市  M様

山梨県中央市 T様

山梨県甲府市 O様

山梨県 中央市 O様

山梨県甲府市  Y様

外壁・屋根塗装ビフォーアフター詳細

山梨県中央市T様邸詳細はこちらから

山梨県甲府市O様邸詳細はこちらから

山梨県中央市O様邸詳細はこちらから

山梨県甲府市M様邸詳細はこちらから

山梨県南アルプス市S様邸詳細はこちらから

山梨県甲府市S様邸詳細はこちらから


屋根修繕【カバー工法】

一般的な住宅の屋根に多く使用されているカラーベストは劣化してくると再塗装が必要となりますが、処置が遅れてしまい、状態がひどくなってしまうと屋根全体の葺き替えやカバー工法という工事をご提案させていただくことがございます。この「カバー工法」とは、既存の屋根材の上から、直接金属屋根を被せる工法となり、大掛かりな工事ではありますが、劣化が進んでしまった屋根にも大変有効です。

カバー工法ビフォーアフター

南アルプス市  A様

目地シーリング

足場を組んでの作業となりますので、同じく足場の設置が必要な外壁、屋根の塗装と同じタイミングで行うのがおすすめです。

シーリングの劣化を放置してしまうと、シーリングの役目を果たせなくなり、建物に様々な悪影響を及ぼします!

シーリングの役目とは?

・温度の変化によるサイディングの膨張、伸縮を吸収しひび割れや欠損を防ぐ
・振動などからサイディングの変形を防ぎ、ひび割れや欠損を防ぐ
・雨水の侵入を防ぎ雨漏りを回避

施工前

施工時

施工後

外壁改修工事

経年劣化による外壁の張替え工事

長年、雨・風にさらされる事で劣化してしまった外壁(ベランダ床)を剥がし、新しい外壁を張りなおしました。外部の修繕におきましては塗装仕上げ、新しい壁材への張替、カバー工法、現状に対して有効的なご提案をさせて頂きます。

外壁改修工事ビフォーアフター

山梨県甲府市  O様

山梨県山梨市  F様

漆喰工事

漆喰の経年劣化による損傷、欠落などもお気軽にお問い合わせください。

漆喰工事ビフォーアフター

山梨県都留市  S様